英語学習における“発音”の大切さ

英語学習をする際、多くの人は「書く」「読む」から始めようとします。

特に日本ではペーパーテストの点数=人の能力という方程式が根強いため、どうしても勉強と考えると

参考書を買ってひたすら書く
ソラでも言えるくらいに読んで覚える

といった勉強法に辿りついてしまいます。

他の強化であればそれでいいかもしれません・・・が、英語に関しては実はその勉強法は大きな間違いであり、進歩はすれど上達の速度は遅いでしょう。

なぜなら、英語学習において最も大切な「発音」が抜けているからです。

ここでは、英語学習で欠かせない「発音」の大切さについてお話しします。

 

なぜ英語学習で発音は大切なのか?

英語とは言語であり、書いたり読んだりするだけでなく「話せる」ようになることを目的として勉強する教科です。

そして話せることは書いたり読んだりするよりも重要であり、極端な言い方をすれば、話せさえすれば書いたり読んだりできなくても人とコミュニケーションを取ることができます。

そのために勉強すべきなのが発音です。

そもそも、普段の生活において文字よりも音の方が先に五感を刺激するものであり、この発音こそが英語学習においての土台ともいえる部分なのです。

だからこそ、英語を勉強したいのであれば、まず「発音」から勉強するのが正しいルートといえるでしょう。

 

発音を具体的に勉強するためには

ではどのように髪を勉強していけばいいのか?

まずは頭の中にカタカナの英語もどきの音をイメージします。

そのイメージした音を本来の発音を聞きながら少しずつイメージした音を修正していくのがスタンダードな発音の勉強法です。

特に母音と子音についてはテキトーに勉強すると後々苦労することになるので、丁寧に勉強するよう心掛けましょう。

そうすれば、英文を聞いても何を言っているか分かるようになりますし、どう話せば伝わるかも理系できるようになる。

そして英語が楽しくなってより拙著苦的に学習するようになるはずですから。


PAGE TOP