英語学習が一向に進まない人の共通点

英語の学習をしていても、人によって理解度や進捗状況は異なります。

早い人はどんどん英語をマスターしていく一方、遅い人はいつまで経っても話すことも書くこともできないまま・・・

この違いはどこにあるかというと、実はあることをしているかどうかの違いなのです。

その違いとは「声に出して話しているか?」という点。

実は英語が得意だという人のほとんどは、勉強している時にきちんと声に出して英語を話すことを心掛けていました。

そんな英語学習において「声に出すこと」の大切さをこれからお話しします。

 

高校時代の英語学習が記憶に残らない理由

おそらく、どれだけ英語が苦手な人でも

「This is a pen」

は、言えるし意味が分かるし言われても理解できると思います。

なぜなら、この文章は中学1年生の最初の授業でよく言わされてきたからです。

ところが、高校に入ると細かい文法やリーディングなどの時間が多くなり、あまり口に出して英語を言う機会はなくなってきましたよね?

これは高校の授業が大学受験用の英語を教えているため、『話す』ということに重きを置いていない授業が多いからです。

つまり、書いたり読んだりするよりも、口に出して発したほうがより記憶に残るということ。

そのため、ただ英語の本や参考書をかぶりついているだけの人というのは、一向に英語の実力が伴わないのです。

 

つたない英語でも話した方が上達は早い

よく全く英語が話せない人が、英語圏で済むようになったら自然と英語が話せるようになった・・・なんて話を聞いたことがあると思います。

これは、普段から英語を耳で聞いたり一生懸命伝えようと話したりするから上達するのです。

しかし、日本ではそうした英語でやり取りしないといけない環境というのは少ないため、どうしても英語の上達が鈍ってしまいます。

そのため、最近ではインターネットを使ったオンライン英会話が出てきたわけですが、こうしたサービスを使うのも英語学習においては非常に有効です。

特にこちら↓のオンライン英会話は、あらゆる地域の人達と交流することができるので、より早く英語を上達した人におすすめです。

Italke

効率の良い英語学習を求めるなら、とにかく英語を話す環境に身を置くのが一番かもしれません。


PAGE TOP